お月さまからいただいている新時代「月の時代」に入った証の一つとして、発酵・酵素への注目が集まっているというものがあります。

いま、人類は次なる領域にいくために無意識レベルで進化を遂げようとしており、そのためには近代文明の影響でなくしてしまった太古の叡智をこの時代に取り戻すことを潜在的に求めています。

発酵・酵素は太古の叡智そのものであり、宇宙のサイクルである循環そのものですので、いまというタイムラインで多くの人が意識を向けるのは自然なことなのです。

その中で私がいま注目をしているものが酵素ファスティングです。

ファスティングとは「断食」のこと。

酵素ファスティングとは酵素のドリンクを飲みながら断食をすることです。

断食は戦前の日本では当たり前に存在していたものでしたが、戦後、GHQは日本の断食道場のほとんどを潰したということも聞いております。

また、紀元前460年頃、医学の祖・ヒポクラテスの説では、

月に一度断食をすると病気にかからないともあります。

現代では、グルメ、大食いなどのブーム、飽食の影響で病気は増え、病気まではいかずとも身体の不調は以前よりも極端に増えています。そして、精神的な病も増え続けています。

過食が与える影響は以下のようなことだと言います。

①過食であると食べた物が腸内で消化不良となり、未消化物が生じる。

②未消化物が腐敗し、悪玉菌が増え有毒ガスが発生。
(体調不良や病気、精神的な病の大元)

③免疫は悪玉菌と戦うために活性酸素を大量に作り悪玉菌を抑制しようとする。

④結果、活性酸素がDNAや細胞を傷つける。
(老化の促進)

普段の食を小食にすることや、たまに断食をすることは健康にも若返りにも最適なのです。

また、酵素とは生命あるもの全てに存在するもので、その酵素の種類は3,000種類以上にも及ぶと言われています。

酵素は私たちの体の中で起きる化学反応のほとんどに関わっているため、生命体にとっては無くてはならないものであり、

酵素が不足すると生命体は輝きを失い衰えていくと言っても過言ではありません。

なぜなら、酵素は私たちの体の中で以下のような働きをしているからです。

●解毒
●代謝
●排泄
●消化
●呼吸
●吸収
●体温調整
●アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)の除去
●脂肪やコレステロールの分解
●変質した細胞の修復
●DNAの損傷を修復
●活性酸素を除去
●古くなった細胞を除去
●新しい細胞を作る

など

私たちの細胞やDNA、また各種機能が本来の働きをするためには酵素は欠かせないのです。

しかし、

私たちの日常生活の中では、化学肥料の多用などによって食べ物の酵素が極端に不足し、現代型栄養失調になっている方が少なくなく、結果、精神的にも大きな影響を受けている方も少なくありません。

そのようなことからも、現代を生きる私たちにとって上質な酵素を取り入れることはとても大切なことなのです。

お月さまからのメッセージからいただいた発酵と酵素の大切さ・・・

その流れから酵素ファスティングに私が注目をした理由は、この方との出逢いがあったからです。

その方は、竹下登美子さん。

今ではダイエットや美容にとても効果的ということで一般的に広がりをみせています酵素ファスティングですが、竹下さんは、酵素ファスティングを世の中に広げた第一人者。

そして、酵素ファスティングで人生が一変されたお一人です。

竹下さんは酵素ファスティングを16年ほどやり続けており、今年60歳となるのですが、もうそのお姿を通してエイジレスとはどのようなものかを語りつくしていると言っても過言ではありません。

竹下さんご自身が公にしている酵素ファスティングのビフォーアフターのお写真がこちら。

20代の頃はメガネ、コンタクトをつけていたのですが、今は視力が回復し裸眼の生活。しかも老眼とは無縁。

以前は白髪があったとのことですが、現在は一本もなく艶々の黒髪。カサカサで吹き出物があった肌はプルプルで艶々、しかもお化粧は日焼け止めファンデーションのみで、高級化粧水などは使わない。

また、昔は不整脈があり、病気がちで疲れやすかったのが、ここ20年病院という所には行ったことがなく、もちろん薬もここ20年は飲んだことがない。

何度もお伝えしますが、竹下さんは先日60歳になられた方なのです。

しかし、酵素ファスティングはダイエットや美容にものすごく効果があるのですが、本質はそこではなく、意識が大きく変わりこの天地自然の大いなる流れに乗れるような幸運体質になることが酵素ファスティングの大いなる目的なのだと竹下さんはおっしゃいます。

ただ、一時的なダイエットや美容効果ではなく、長期的に美しく、幸運体質になっていくには、酵素ファスティングのやり方と上質な酵素ドリンクが必要だということで、竹下さんは上質な酵素ドリンクをプロデュースされております。

私自身、先日、竹下さんがプロデュースされている酵素ドリンクでファスティングをしましたら、月のテンポ、月の満ち欠けのサイクルとの共鳴がすごく、竹下さんがおっしゃっている意味が生命の喜びを通して、そして、その結果を通してよく理解できました。

お月さまからのメッセージでいただいた発酵と酵素の大切さ・・・

その流れから酵素ファスティングに私が注目をした理由はこのような経緯があったからです。

まず、竹下さんがプロデュースされている酵素ドリンクに入っている選び抜かれた60種類の原材料によって善玉菌が増えることが分かっています。

以下は選び抜かれた60種類の原材料の全貌です。

≪野菜≫
キャベツ、大根、人参、レンコン、さつまいも、ごぼう、生姜、じゃがいも、南瓜、きゅうり、里芋、トマト、山芋、つわぶき、冬瓜、まくわうり、 せり、もやし、三つ葉、椎茸
≪果物≫
梅、すいか、パイナップル、メロン、白桃、 キウイ、あけび、ぐみ、ぶどう、苺、りんご、 いちじく、びわ、レモン、金柑、パパイヤ、 あんず、花梨、すもも
≪野草≫
アロエ、よもぎ、スギナ、菜の花、 クマザサ、柿の葉、シソ葉
≪海藻≫
ワカメ・昆布
≪穀物≫
米、大豆、小豆、はと麦、あわ、きび

≪樹液≫
松葉、杉葉、桧葉、松樹液、杉樹液

そして、以下の図のように血糖値はGI値の数字が大きい食品を食べるときに上がり、同時にインスリンの分泌も激増し、その後急降下していきます。

GI値の高い食品は食べてもすぐにお腹が空き、繰り返しGI値の高い食品を欲するという特徴があります。

ちなみに、GI値とは、炭水化物を含む食物を食べた直後の血糖値の上昇度合いを示すもので、ブドウ糖のGI値を最高値の100と設定しており、GI値の高い食品の過食は、肥満や反応性血糖、糖尿病予備軍や糖尿病の発生を引き起こす可能性があります。

竹下さんプロデュースの酵素ドリンクは低血糖にならず、空腹感が起きたり甘いものを欲するということが起きませんので血糖値が安定し、精神的にも安定し、集中とリラックスが同時に起きてきます。

以下、竹下さんがGI値からみるおススメ食品と避けたい食品の一覧となります。

(ちなみにミスユニバースの方々は、白いもの(精製したもの)は一切口にしないそうです。GI値からみるとそのこともよく理解できますね。)

また、栄養を落とさず30%のカロリー制限をするだけで、長寿(若返り)遺伝子が活性することがお猿さんの実験で分かっています。(ポイントはカロリー制限だけではなく、栄養を落とさないというところです。)

(このお猿さんは人で言えば70代くらいだということです。)

酵素ファスティングを世の中に広げた竹下さんは、同時に酵素ファスティングの流行を生みだしたキッカケともなったことから、

市場に砂糖や防腐剤、香料、着色料、水などが添加された酵素ドリンクが多く出回るようになったことにとても葛藤したとのことです。

しかし、本当のことは残るという意志を崩さず今日までお続けになり、その答えはいま出ていると言っても過言ではありません。

竹下さんがプロデュースされている酵素ドリンクと他との「違い」はこのようなことがあります。

まず、目に見える他との「違い」は、酵素ドリンクの中で唯一特許を取得しているという点でしょう。それも2つ取得されています。

一つ目は2009年9月に取得されており、二つ目は2013年5月に取得されています。

そして、

目に見えない他との「違い」は、神示として降りてきたレシピで作られているという所でしょうか。

その神示を受けとった人物は大本教の教祖である「出口王仁三郎」氏。

出口王仁三郎氏は、数々の神示を受け取り、その神示は人類の将来についてのものが多く、また、その解決策まで受けとっていました。

その神示は予言とも言われ、現在の日本や世界の出来事の数多くを言い当てていると言われています。

その神示の中に私たちが次なる領域へ行くためには肉体を浄化していくこと、食を改めることなどがあり、化学の進化によってもたらされた化学物質から命を守るための術としてこの酵素ドリンクのレシピが降りてきたとのことなのです。

ちなみに、酵素は始め「神祖」と呼ばれていたらしく、後に「酵素」となったようです。

そのような酵素ドリンクですので、

100%完全なる発酵であり、水・添加物・砂糖・香料など無添加

ということも他の酵素ドリンクとの大きな「違い」です。

また、更に以下のような「違い」が神示を元に作られた独自のものと言えるでしょう。

①身土不二(しんどふじ)

野菜・果物・野草・穀物・海藻・樹液など60種類の原材料は日本の決まった場所で作られたもの、その時々の旬のものを使用しています。

②一物全体(いちぶつぜんたい)

陰陽の情報が統合するように葉・根など植物の全体を使用しています。

③祈り

発酵のために使用される野生酵母菌は春先に収穫し、祝詞をあげてから使用しています。
また酵母が喜ぶ情報の音楽を流し酵母菌を活性化させています。

④波動

発酵過程は外部の情報が入りやすいので工場は職人以外立ち入り禁止。また、邪気が入らないよう結界が施されています。

⑤木の樽

原材料は指定された吉野杉の木樽に入れ、植物の力が最大限生かされるように発酵させています。

⑥相性に配慮

植物同士の相性、栄養素が相克されないよう順番が考えられている。また、栄養素の破壊を防ぐため刃物は最小限にとどめています。

⑦陰陽統合

右回りの渦と左回りの渦が同時に表れる瞬間が熟成発酵の完了合図です。

こちらが工場で作っている風景です。

この守り続けられている太古のレシピで作られた酵素ドリンクの名は、「ビューティーヘルスエンザイム」。

これからそのビューティーヘルスエンザイムの効果的な飲み方、効果的な酵素ファスティングのやり方をお伝えしていきます。

まずは飲み方から。

①酵素飲料のボトルから原液酵素40~50mlをカップに注ぐ。

②原液酵素40~50mlをコップに移す。

③酵素原液が入ったコップに4~5倍のお水を注ぐ。

また、お水で薄めるだけではなく以下のように(炭酸割り、ジュース割り、豆乳割り、ヨーグルトにかける、ゼリー、ドレッシング)色々なアレンジをして美味しく召し上がれます。
(私は毎日炭酸割りで飲んでいます♪)

酵素ゼリーのレシピはこちらをご覧ください。

次に効果的な酵素ファスティングのやり方をお伝えいたします。

プランは以下の3種類。

・半日断食
・1日断食
・3日断食

まずは半日断食の効果的なやり方です。

こちらは、1日のうち1食分の食事を酵素飲料に置き換える体質改善の基本的なプランとなります。

※1食分を置き換えるのは朝食がベストですが、昼食や夕食でもOKです。

食事は、玄米、雑穀、麦飯、ライ麦パン、全粒粉パン、蕎麦などの未精製穀物や野菜やきのこ、豆類、フルーツなど栄養を含む食品をしっかりとることもポイントです。
また、酵素飲料の飲用量はあくまでも目安ですから、空腹感がある場合は追加してお飲みください。

次に、1日断食の効果的なやり方です。

こちらは、食事を酵素飲料や汁物に置き換え、体質改善の2日間のプランとなります。

※空腹感や頭痛、だるさがある時は、酵素飲料の量を多めにお飲みください。また、酵素だけでお腹が空く場合は具なし味噌汁やスープを飲むと効果的です。

復食初日の昼食は半分の量から召し上がってください。
復食中は、お腹が空きますから、酵素飲料や季節のフルーツ、野菜ジュースや木の実などをおとりください。

最後に、3日断食の効果的なやり方です。

こちらは、食事を酵素飲料や汁物などに置き換え、強力な体質改善の6日間のプランとなります。

※空腹感や頭痛、だるさがある時は、酵素飲料の量を多めにお飲みください。また、酵素だけでお腹が空く場合は具なし味噌汁やスープを飲むと効果的です。

復食初日の昼食は半分の量から召し上がってください。

※復食2日目の昼食は7分目、3日目の夕食は8分目まで、ゆっくり食事を戻してください。
穀物は、玄米や雑穀、ライ麦パン、全粒粉パン、蕎麦など栄養価の高いものがおススメです。
空腹時には、酵素飲料やフルーツ、木の実などをおとりください。

おまけとして、断食ではないのですが、栄養補給プランとして毎回の食事に加え1杯の酵素ドリンクを飲むと不足しがちな栄養を補う、不調の回復として効果的です。

≪注意点≫
・酵素は熱に弱いため50度以上に熱しないこと。また、熱いお湯で割らないこと。
・飲用後の反応として眠い、だるい、下痢、軟便、吹き出物などがでる場合があります。
・開封後は栓を占めて冷暗所に保管してください。
・お子さま、妊婦さん、ご高齢者の方は栄養補給プランをご参照ください。
・重篤な症状をお持ちの方は主治医にご相談の上断食をされてください。

最後に月とこの酵素ファスティングの関係性を見ていきたいと思います。

私たちの体は約70%お水でできていると言われます。

水分子は常に回転をしており、その動きは新月のときがゼロであり満月のときが円周の最大地点となるということから、月の満ち欠けの周期と完全に一致していることが分かっています。

よって、私たちが月の満ち欠けと共に生きれば、自ずと整うことが水の観点からも分かるのですが、酵素も循環そのものであり、酵素ドリンクは水ですので、月の満ち欠けの固有のエネルギーを活かしながら酵素ファスティングをするとよりそのことに特化した酵素ファスティングができるのです。

以下は、月の満ち欠けの固有の情報を活かした酵素ファスティングで得られやすい特徴です。

新月から上弦の月は「はじまりのエネルギー」がより発動しますので、この時期に酵素ファスティングを行うと、身体づくり、ダイエットの習慣がつきやすい。また、オフになっているスイッチをオンにしやすいという特徴があります。

上弦の月から満月は「サポートが強く働くエネルギー」がより発動しますので、この時期に酵素ファスティングを行うと、シンクロを感じ取りやすくなる、意識が目覚めやすくなる、パフォーマンスがより上がるという特徴があります。

満月から下弦の月は「具現化(形になる)のエネルギー」がより発動しますので、この時期に酵素ファスティングを行うと、より酵素の情報、栄養を吸収する。また、満月当日は多くのメッセージをキャッチしやすくなるという特徴があります。

下弦の月から新月は「浄化のエネルギー」がより発動しますので、この時期に酵素ファスティングを行うと、排毒が最も強力であり、また、気持ちの手放しがしやすくなるという特徴があります。

(私はよく下弦の月から新月にかけて行うことが多いです♪)

月のテンポを生き、月の満ち欠けのサイクルを生きながら、この酵素ファスティングをしたときに起こる

心身の変化、
冴えわたる脳、

そして、

メッセージとも言える本質なる声をキャッチできる感性の開きを心から味わっていただきたいと想っています。

どうぞ、体質改善、幸運体質になるためにお役立ていただけましたら幸いです。