※表示価格は全て税込価格です。

カタカムナ バレル・コア

★商品の詳細はこちら★

 

 

カタカムナ文字は縄文時代以前の一万二千年以上前に日本で栄えた高度な文明で生まれた文字といわれています。文字には思念があり神の“ハタラキ”があります。カタカムナは形のあるもの“カタ”、形のないもの“カム”、分身“ナ”であるという意味が含まれます。

 

カタカムナ文献はカタカムナ文字で書かれた七五調の“カタカムナウタヒ”と呼ばれる八十首の短歌で構成され、ウタヒは宇宙のコトワリ(摂理)を表しています。ウタヒが渦巻状に書かれているのも大きな特徴です。ウタヒの中心には“ヤタノカカミ”と呼ばれる図象符がありカタカムナ文字の基本となっています。

 

右旋のウタヒは上古代から伝承されてきたウタヒで、現象界や男性・他者“陽”を、左旋のウタヒは新たに生み出されたウタヒで潜象界や女性・自己“陰”を表します。この表裏を重ね合わせるとすべての文字が“ヤタノカカミ”図象になります。右旋と左旋の表裏が合わさり新たな空間が生まれることで時空の性質を変化させることができると考えています。

 

カタカムナ文字に触れると脳の前頭前野の血流が増えるといわれています。カタカムナ バレル・コアに刻まれているウタヒはカタカムナの中で最も大切な第七首のウタヒです。第七首ウタヒを持つと宇宙を創造された「アマノミナカヌシ」の神様と「タカミムスヒ」、「カムミムスヒ」の神様によって、「ミスマルノタマ(すべてを創造する球体)」がわたしたちの周囲に現れます。

 

カタカムナの表裏があるのは「カタカムナは見える世界と見えない世界をつなぐもの、エネルギーとしても見えるエネルギーと見えないエネルギーの変換装置として循環を起こします。」どちらか片方だけだと一方通行でエネルギーの流れが悪くなり、いずれは流れが止まってしまうためです。

 

容器はステンレス製、中にテラヘルツ鉱物を含みます。振るとカラカラ、と音が鳴ります。

 

 

<ご使用方法>

 

●決断や判断の羅針盤

心に思い描いて持つとき、重く感じれば「否」を軽く感じれば「是」を示す。

 

●運をつかむ

天地を繋ぐように上下に振り運を引き寄せる。

 

●波動を整える

手に握ぎることにより波動を整える。

 

●からだを変える

からだを撫でることで筋肉の緊張を和らげる。

 

 

<製品概要>

 

材質:SUS304、ポリシリコン、テラパウダー

サイズ:直径39mm×高さ27mm

重量:145g

付属品:巾着袋(巾着袋の色はおまかせになります)

 

※こちらの製品は、純度11Nのテラヘルツ鉱石を使用しております。

 

 

監修: 医学博士 丸山修寛 先生

 

 

★商品の詳細はこちら★

    ¥49,500価格