片岡航也

丸山アレルギークリニック院長・医学博士 

丸山修寛 先生

カタカムナを研究し始めて20年になります。本業はアレルギー専門の開業医ですが、現代医学だけでは治せないことが多々あります。

どうすれば皆が健康でいられるかを切実に考えていると、インスピレーションを通してカタカムナの知恵が降りてくるようになり、実践したところ、元気になる人が格段に増えたのです。

カタカムナは1万2千年以上前の上古代時代の文字で、日本語の48文字48音図に一致しています。このカタカムナ文字を使っていた人々を、私は、カタカムナ人と呼んでいます。

カタカムナ人は、現代人よりも感覚や能力が格段に発達していて、宇宙や原子の真空の中に発生する素粒子が見えていたのではないか、その素粒子の形をそのまま文字にしたのがカタカムナ文字だろう、と私は考えています。

私が初めてカタカムナ文字で書かれたカタカムナウタヒの第五首を唱えたとき、私の周りに、半径2,5メートルほどの目に見えない不思議な球体(ミスマルノタマ)が現れました。

そして、この不思議な球体(ミスマルノタマ)はカタカムナウタヒの第五首を読むたびに間違いなく現れることがわかりました。

球体が現れ、その中にいると身体は熱くなり、手や指先がじんじんとしてきます。そのため球体は目に見えなくても、そこにあることがわかったのです。なんらかの不調がある患者さんをこの球体の中に入れると、たいてい身体が温かくなったと言ったあとで、それまであった症状がとれていきます。

このようなことから身体が元気になるためにカタカムナを応用できないかと研究を重ね、誰でも簡単にカタカムナを使うことができるようにしたものが「神話の奇跡シリーズ®」です。

カタカムナウタヒを見たり謡ったりするのはもちろん、いつも身の回りにおくことで、高次元との架け橋となり、私たちの細胞やDNAは、素粒子レベルで応えてくれるでしょう。(開発者 丸山修寛先生より)

これは、伊勢神宮の内宮へ渡るときの橋(宇治橋)の写真。

橋の上に写っているのは、アマテラスオオミカミであり、アマテラスオオミカミの外側にあるのが、高次元空間ミスマルノタマと呼ばれるものである。

カタカムナについて話す前にまずは、カタカムナ文字について説明しなければなりません。

カタカムナは上古代と呼ばれる一万二千年も前の時代に使われていた言葉で、下記の図のような線と円のシンプルな要素で作られた言葉のことです。

そして、カタカムナ文字は立体でした。

これは立体模型を作成し、確認することができました。

レオナルド・ダ・ヴィンチが鏡文字を使って脳の異次元レベルの進化を遂げたのと同じように、立体文字を使いこなしている上古代人カタカムナ人は高次元人であったと考えられるでしょう。

カタカムナ文献を発見したのは楢崎皐月という科学者です。

1949年に、兵庫県六甲山系の金鳥山で科学の研究として大地電気の測定をしていたときに、平十字という猟師から「動物たちが困っているから、その測定をやめてほしい」と頼まれて、すぐにその通りにしたら、お礼にと不思議な巻物を見せてもらったといいます。

それは御神体の巻物だというのです。

その巻物に書かれた文字が渦巻き状に書かれていて、神代文字の八鏡文字(注)に似ていたので、頼み込んで巻物を20日間借りて急いで書き写したのが、カタカムナの存在が世に知られるきっかけになりました。

(注)

八鏡文字とは、上古代の日本に存在した高度な文明を持つ種族によって創られた文字。

カタカムナ人がカタカムナ文字で自分たちの知識や文化を記したものをカタカムナウタヒといいます。

カタカムナウタヒは80首あり、これらはみな、五・七・五・七調の和歌に似たリズムを持っています。(中には字余りもあります。)

例えば、ヒフミヨイ・マワリテメクル・ムナヤコトのように第5首を例にとると中心にはヤタノカガミという図形があり、それをとりまくようにカタカムナ文字が右回りの渦を描くように書かれています。(下記の図参照)

80首ものカタカムナウタヒには天文学や農業、現代の最先端科学である量子力学と同じかそれ以上の内容が記されています。

そして、カタカムナウタヒを紐解いていくと、そこには現代科学をはるかに凌ぐ高度な文明があったことがうかがえるのです。

80首あるウタヒのなかでも、対をなす第5首と第6首、第7首は強力で、この3首を唱えると、半径2,5メートルの見えざる球体(ミスマルノタマ)が現れます。

おそらくこの球体は、四次元以上の高次元空間から来ていると考えられます。特に、次に掲げる第5首にはカタカムナの真髄が秘められています。

「ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ」

ヒフミヨイ(一二三四五)の見える世界が、マワリテメクル、つまり渦の回転方向が変わり、ムナヤコト(六七八九十)の見えない世界と交流が行われるという意味があり、

そして、この第5首の中に、さまざまな謎を解くヒントが隠されていたのです。

カタカムナはペアであることが重要で、カタカムナ文献には、「宇宙は陰と陽、女と男というようにペアから成り立っているのが原則」とあります。

カタカムナ文化は、見える世界の現象界と、見えない世界の潜象界の表裏(正負)のペアがひとつになり作動します。故にペアの片割れが存在するはずです。

しかし、最初はそれをどう見つけるのかわかりませんでした。

あるとき、ウタヒ第5首の「カタチサキ」という言葉には「形が先」という意味の他に「形から割く」の意味もあるのではないかと気づきました。

ウタヒ第2首には、「ヤタノカガミカタカムナカミ」とあります。

そこで、ヤタノカガミからカタカムナ文字を引いたものがペアとなるのではないかと考えて、実際にヤタノカガミからカタカムナ文字一つひとつを引き、48文字分の「負のカタカムナ文字」を作ってみたのです。

それを80首分、平面に配置し「正のカタカムナ文字」ウタヒと対にしてみました。

丸山先生が発見した裏カタカムナは、中心図形のヤタノカガミから外側のカタカムナ文字を引いたもの。(図像集では「負のカタカムナ」として掲載しています。)

カタカムナ文字は、四次元界から三次元界へ導く働きがあります。裏と表、一対のカタカムナを使うことで、見える世界と見えない世界が活発に交流し始めたのです。

カタカムナは空間や物事を全く変えてしまう量子力学的な言葉です。

神々とは意識を持つ空間のことであり、カタカムナは神々をこの世界に誘致する目的があると思います。

こうした発見は、すべてフラワー・オブ・ライフから生み出されました。

神聖幾何学は、自分という存在を形作る形態場です。

フラワー・オブ・ライフ

自分の周りにあるグリッドが、宇宙の全てをコントロールするフラワー・オブ・ライフとつながっている。だから、自分の問いや意図を投げかけると、宇宙はいつも応えてくれる。それをさらに強固にするのがカタカムナなのです。

10数年にわたり電磁波対策として使用されている「ブラックアイ」の中に使われている銅線の「丸山式コイル」が、カタカムナウタヒ第5首と同じ形状であることが分かりました。

丸山式コイルの反転部分は重力波の中心のブラックホールにある反転部分と同じ構造をしています。

また、丸山式コイルは二層構造になっており、上の層と下の層では電流や磁気の流れる向きが反対向きになっているため、ゼロ磁場を発生させると考えています。

重力波を表すこの渦巻きは2層構造になっていてエネルギーの対向流が発生するようになっている。

対向流とは、時計回りと反時計回りの相反するエネルギーの波が一つになった状態を表す。

そうなると、エネルギーはぶつかり合い、十や一という視点では相殺されたように見える。

しかし、ぶつかりあって終わりというのではなく、エネルギー保存の法則によって宇宙のブラックホールから縦の重力波である動場が出るのである。重力波とは時空の歪みが、波のように伝わっていく現象で、アインシュタインの一般相対性理論から予言された物理現象です。

~銅線「丸山式コイル」と電磁波~

電気を使うと電磁波が出る。電磁波は家庭の電気コンセントや延長コード、パソコン、ブレーカー、炊飯器、冷蔵庫、空調機、電子レンジ、携帯電話、Wi-Fi、電気毛布、ホットカーペット、スマートメーターなどあらゆるものから出ている。

世界保健機構(WHO)は電磁波には発ガン性があることを認めており、できるだけ電気を使わないことが好ましい。しかし、現代において電気を使わないわけにはいかない。

そこで、電気の害が発生しない方法を探してみた。その結果、行き着いたのが銅線コイルを電気コンセントをはじめ電気を使うものに貼るという方法だった。電気コンセントに銅製コイルを貼ってみると、電気コンセントから出る電磁波のために質の良い睡眠が妨げられたり、目や頭のズキズキが解消されたのである。

さらに、電気コンセントに銅製コイルを貼ると、約半数の例で皮膚の痒みやトラブルさえよくなったのである。

これは、銅製コイルが電気コンセントから出る電磁波を減らしたからではない。銅製コイルが電気コンセントからでる電磁波を利用して強力なゼロ磁場を形成したからである。というのはゼロ磁場は、光りや磁気、電磁波があるとその効果を増幅するからである。

丸山式コイル ブラックアイ」の詳細はこちらをご覧ください。

-カタカムナのまとめ-

◆カタカムナ文字は立体。ダ・ヴィンチが鏡文字を使って異次元レベルまで脳を進化させたのと同じように、立体文字を使いこなしている上古代人カタカムナ人は高次元人であった。

◆カタカムナウタヒには、カタカムナ人が直感によって感じ取った宇宙に潜在する根源の力、全ての生命や物質が形成されて行く過程を表現されている。

◆つまり、私たち三次元人には見えない世界に間違いなく作用する。

◆最小限の物質は万物の根源である素粒子、極小のひもで形成されている。私たちの体も例外ではない。

◆病気や原因の分からないだるさや調子が悪い方が増えているのは、三次元の世界で作られたものを使用し私たちの体の素粒子やひもレベルには作用していないから。カタカムナは文字は素粒子にも作用するので効果が現れる。

◆宇宙に潜在する根元の力を表した、カタカムナウタヒを使ってみるとどうか?

電磁波やガンマ線も通さないレントゲン室に一人の人間を入れてカタカムナウタヒを唱えてみる。

カタカムナウタヒを唱えると脳血流が上昇

つまり、カタカムナウタヒには電磁波だけでなくレントゲン室の鉛をも通る重力波(スカラー波)を発生させる力がある。

◆さらに、カタカムナウタヒ第5首と重力波、丸山式コイルブラックアイは同形状である。

⇒コンセントに丸山式コイルブラックアイを貼りその前にリンゴを置く実験をすると、鮮度の良い状態を保った。

⇒つまり電気を利用したコイルにはゼロ磁場を発生させ、重力波を発生させる力がある。

⇒カタカムナを謡ったり見たり身身に着けたりすることや、丸山式コイルブラックアイを使うことで、素粒子レベルで解決することがあり、私たちを元気にしてくれる。

※「丸山式コイル ブラックアイ」の詳細はこちらをご覧ください。

丸山修寛先生が誰でも簡単にカタカムナを使えるよう20年の歳月をかけて開発した数々のアイテムはこちらからご覧くださいませ。